CHECK

水回りは1階?それとも2階がいいの?注文住宅で水回りの間取りを決めるポイントはこれ!

水回りは1階?それとも2階がいいの?注文住宅で水回りの間取りを決めるポイントはこれ!

お風呂は1階と2階にあるのとどちらが使いやすいかを、悩んでいる人も多いことでしょう。お風呂を2階にするとリビングを広くすることができるために、注文住宅でお願いする人も増えているといいます。では、どういったところを見ていくのがポイントになるのか、水回りの間取りの注文住宅を紹介します。 まず2階に洗濯機などを置いている場合は、2階で洗濯物を一気にできるために楽だという意見も多いです。そしてお風呂に入るときに一目が気にならないということもあげられます。どうしてもお風呂が1階だと、お客さんが来たりチャイムが鳴るとドキドキしてしまうという人も多いのですが、そういった心配もないのが魅力です。 逆にデメリットもあり、二階にお風呂があると、お風呂を沸かすのが面倒になってしまいます。リビングでくつろいでいても、お風呂を沸かしに2階に上がるために気力がいるといった意見があるようです。その他もし車いすなどになった場合は、リフォームが必須という心配もあります。

ローコストでも実現が可能な注文住宅とは?

注文住宅を建てるというのはかなりの費用が必要で、コンパクトな家でも土地や外構費用などを合わせると少なくても3000万円は必要といわれています。地域によっては土地代が高くて20坪程度の家でも5000万円は必要かもしれません。では、あまり費用がないという方はあきらめるしかないのでしょうか?いいえ、コストを上手に抑えるなら夢の注文住宅を建てることができます。いろんな方法がありますが、一つは作りをシンプルなものにするということです。凝ったデザインや輸入住宅は予算オーバーになりますので、凝ったデザインや輸入住宅は避けましょう。部屋数を少なくすることで壁や照明器具やカーテンなどのインテリア用品などの費用を抑えることができます。ほかにも、クロスや床材などは業者が行うのではなく自分たちでクロスや床材を貼るという方法もあります。自分たちで行うことで家族のきずなも強まりますし、子供たちとの楽しい思い出にもなるに違いありません。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の押さえるべきポイント

このサイトでは、これから注文住宅を建てるという人向けに役立つ情報を掲載しています。人生で一番大きな買い物である住宅は後悔したくないから憧れの住宅にしたいけど、どうやって進めたら理想を実現できるか悩んでいる人も多いはずです。間取りがなかなか決まらない場合にどのポイントを押さえれば良いのか、玄関の方角・階段の位置はどこにするべきか、水回りは2階でも大丈夫なのか、といったお悩み解決に役立つ情報を掲載していますので是非ご覧ください。

Search