CHECK

憧れの注文住宅だけど間取りがなかなか決まらない?押さえておきたいポイントなどを徹底解説!

このサイトでは、これから注文住宅を建てるという人向けに役立つ情報を掲載しています。
人生で一番大きな買い物である住宅は後悔したくないから憧れの住宅にしたいけど、どうやって進めたら理想を実現できるか悩んでいる人も多いはずです。
間取りがなかなか決まらない場合にどのポイントを押さえれば良いのか、玄関の方角・階段の位置はどこにするべきか、水回りは2階でも大丈夫なのか、といったお悩み解決に役立つ情報を掲載していますので是非ご覧ください。

憧れの注文住宅だけど間取りがなかなか決まらない?押さえておきたいポイントなどを徹底解説!

注文住宅の間取り検討でのお悩みポイントの1つが階段の位置です。
近年、リビングの中に階段を設置するのが人気があります。
理由は子供が帰ってきて自分の部屋に直行してしまうのではなく、必ずリビングを通る経路にすることで家族のコミュニケーションに繋げるということと、見た目がおしゃれだということのようです。
しかし逆に子供の立場で考えてみると、来客時にお風呂に入るときにもリビングを通らなければならないなど良いことばかりではありません。
また、空気が2階に筒抜けなので空調が効きにくかったり、臭いや音が2階に影響しやすいというデメリットもあります。
これらを考慮したうえで注文住宅の間取り検討することをお勧めします。

自由設計の注文住宅だからこそ間取りの決め方が大事!その理由とは?

注文住宅で最大のメリットといえば、やはり設計の自由度が高いことでしょう。
建物全体のデザインはもちろん、室内の間取りやインテリア、さらには水まわりの設備や外構ゾーンまで、家造りのあらゆる部分を自分たちの要望通りに設計することが可能です。
とはいえ、場当たり的に思いつきで決めてしまうと、暮らし始めてから不便さに気づいて、結果的に後悔することにも。
特に住まいで快適に暮らすには、間取りの決め方が大事。
その理由は間取りによって、生活の質が大きく左右されるためです。
これを無視すると、普段の生活動線や家事動線に合わないために、部屋相互の移動や家事で時間的かつ身体的に大きな負担がかかったり、部屋数や収納スペースが足りないことで、暮らしから快適さが失われる、あるいはモノが家中に散乱して見栄えが悪くなるなど、何かと生活の質を落とすことにもなりかねません。
したがって自由設計の注文住宅では快適な暮らしを実現するためにも、間取りを決める最初の段階で生活動線や家事動線をはじめ、設備や収納あるいは窓の配置やガレージなど、住まいのあらゆる部分を多角的に検討する必要があります。

注文住宅で理想の間取りを実現するならイメージづくりから始めよう!

注文住宅は間取りや設備を自由に決めることができるというメリットがあります。
自由に決めることができるので、様々な思いを巡らしてしまい、最終的に金額が高くなることが多いため注意しなくてはなりませんが、一から自分たちで考えるため満足度が高く、後悔する確率は大変低くなっています。
注文住宅で理想の間取りを手に入れるには、イメージづくりが大変重要になります。
設計図上でも間取りの位置や大きさは把握することができるのですが、寸法ばかり見ていても実際にどのようになるのか想像することは難しいです。
そのためキッチンの位置や洗面所の位置、トイレの位置など一つ一つ家事動線に合わせてイメージを膨らませていくと、どこに何を集約させたら便利なのかが見えてきます。
注文住宅の場合建売とは異なり、建てているさいに間取りを確認することはできません。
寸法を考えつつイメージづくりをしっかりと行うとより現実味が帯びてきて、より快適な住まいを作ることができます。

注文住宅の間取りを決める際には何を参考にすべき?

一般的に間取りを決めるための参考ポイントは、2つ存在します。
まず、家族構成です。
それを参考にして、本当にそのバランスで良いのかということを考えることです。
例えば、リビングやキッチンなどを広く取ってしまうと収納スペースがなくなってしまう可能性も存在します。
確かに、生活空間として家族が広々とした中で動き回ることができることは非常に重要です。
しかし、こういった空間を一部の部分で使ってしまうと必要不可欠になる収納スペースが置き去りにされてしまうことが少なくありません。
実際に、こういったバランスの悪さは注文住宅での失敗例の大きな要因の一つとなっています。
また、間取りを考えるときには現実的な生活感を考慮する必要があります。
この代表的なものでは、動線を考慮した内装が考えられます。
注文住宅の場合は、デザイン性に優れた設計を行うことができますので特にこの動線が軽視されてしまうことが多いです。
このようなことにならないようにするためにも、これら2つのポイントに注視してバランスのとれた状態にしなくていけません。

注文住宅の間取りのイメージがどうしても浮かばない?業者からプランを提案してもらおう!

注文住宅では、どうしてもイメージがわかない場合に業者側に相談をして提案してもらうことも1つの手段です。
そもそも、注文住宅は必ずフルオーダーで相談しなくてはならないというものではありません。
業者側がある程度のプランを提案して、それを利用することができるように考えられています。
こういった方法はセミオーダーと呼ばれているもので、一定の内容を決めることによってクライアント側が方向性を決められるようにしてくれています。
セミオーダーの場合は、方向性を決めてもらうことで変更したい部分についてもきちんとクライアント側から伝えることができるという点で大きなメリットが存在します。
しかも、間取りについてはきちんと生活動線を意識したプランを提案してくれます。
家族が生活を送っていくうえで、わかりやすい形で提案を行うことができるのも優秀な業者の強みです。
特に、方向性やイメージがわかりづらいときには相談しやすいのでメリットは大きいといえます。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の押さえるべきポイント

このサイトでは、これから注文住宅を建てるという人向けに役立つ情報を掲載しています。人生で一番大きな買い物である住宅は後悔したくないから憧れの住宅にしたいけど、どうやって進めたら理想を実現できるか悩んでいる人も多いはずです。間取りがなかなか決まらない場合にどのポイントを押さえれば良いのか、玄関の方角・階段の位置はどこにするべきか、水回りは2階でも大丈夫なのか、といったお悩み解決に役立つ情報を掲載していますので是非ご覧ください。

Search